誕生日を奪われる幸せ

今日は53回目の誕生日だった。

子供のころの私には、誕生日が特別な日だという意識が薄く、1年365日のうちのごくありふれた1日という気持ちですごすことが多かった。

もちろん、「おめでとう」と言われれば「ありがとう」と答えたし、プレゼントをもらえば自然と感謝の気持ちが湧いてきたが、だからといって誕生日の到来を指折り数えて待つような子ではなかった。 “誕生日を奪われる幸せ” の続きを読む

七五三 穏やかなお参りと戦場のごとき記念撮影

フェイスブックを見ていると、「ちょっと早いですが七五三のお参りに行ってきました」という投稿がちらほらと見られるようになってきた。

本来は11月15日に行われる行事なので1カ月以上も早いということになるのだが、対象のお子さんが全員その日に神社に押しかけると相当に混雑するだろうから、むしろタイミングをずらした方が賢明と言えそうだ。

こんなことを書きながら、そういえばうちはどうだったかなと思い出そうとするのだが、わずか1年前のことなのに、11月15日よりも前にお参りしたのか、それとも後だったのか、まるで思い出せない。 “七五三 穏やかなお参りと戦場のごとき記念撮影” の続きを読む